ASUS ZenBook Edition 30の特徴

更新日:2019年8月25日
CPU Core i7-8565U
Core i5-8265U
GPU GeForce MX250
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ 512GB / 1TB PCIe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 フルHD 広視野角 光沢
質量 約1.35kg
バッテリー 最大約10.4時間
価格[税別] 14万円台~
ASUS30周年記念のスペシャルモデル

ZenBook Edition 30は、ASUS30周年を祝う、記念のスペシャルモデルのノートPCです。

天板にパールホワイトカラーの本革を使用し、スタイリッシュで目を引くデザインが特徴的です。

さらに、拡張モニターとしても使用できるScreenPad 2.0を搭載しており、13型ノートPCでありながら、サブディスプレイやテンキーを備えているような使い方ができます。

もちろん、基本的な性能も高いです。

公式サイトはこちら

ZenBook Edition 30の特徴

パールホワイトの本革仕様

ZenBook Edition 30の際立った部分は、本革仕様の天板を含むスタイリッシュなボディです。本革を使用することで、温かみがあり、手になじむ特別なノートPCとなっています。

使用されている本革には、最高級のイタリアンレザーが使用されており、熟練した職人の手作業で仕上げられています。

天板部分には、アルファベットのAを模ったデザインで、18カラットのナノ粒子ローズゴールドの電気メッキが施された30周年記念ロゴが配置されており、アクセントとなっています。3本のステッチラインも素敵です。

さらに、天板、トリムバー、タッチバッドのエッジ部分は、滑らかなローズゴールドダイヤモンドエッジとなっており、細部までのこだわりや、輝き、上品さを感じます。

また、天板のみを本革仕様にすることで、放熱の面で配慮されており、ノートPCとしての処理能力を犠牲にしておらず、バランスもいいです。

フェミニンな印象なので、おしゃれ系の女性にピッタリな、特別のハイセンスノートPCだと言えるでしょう。

本革仕様の天板
30周年記念ロゴのアップ

 

外出先でも2画面で操作可能

ZenBook Edition 30の機能面での大きな特徴は、タッチパッド兼拡張モニターとしても使用できる、ScreenPad 2.0を搭載していることです。

このScreenPad 2.0は、サイズが5.65インチ、解像度がFHD+(2160x1080)のタッチディスプレイです。例えば、iPhone XRの画面が6.1インチなので、それより少し小さい程度のサイズというとイメージしやすいかもしれません。しかも、解像度はメインディスプレイよりも高いです(ただし、通常は拡大表示する)。

このScreenPad 2.0は、拡張モニターとして使用でき、ブラウザ、Youtubeなどの動画、ミュージックプレイヤーなどの画面を表示することができ、調べものをしながら、動画を見ながら、音楽を聴きながらメインディスプレイで作業を行うことができます。さらに、テンキーとしての利用、手書き文字入力、スマホのようにアプリのアイコンを並べたり、マイクロソフト Office(Word、Excel、PowerPoint)のメニューの一部を表示することもできます。

もちろん、タッチパッドとしても使用できます。ただし、タッチパッドとして使用する場合、画面が暗くなるので拡張モニターとしては使用できなくなります。そのため、タッチパッドとしては使わず、付属しているマウスを使用するといいでしょう。

13.3型のノートPCなのに、ScreenPad 2.0のおかげで、拡張モニターやテンキー機能も備えていることになります。工夫次第で、作業効率が大きく向上するでしょう。今のところ、ASUSだけが提供している、特別な機能です。

ScreenPad 2.0の詳細については、別機種になりますがこちらもご覧ください。

工夫次第で便利に使えるScreenPad 2.0搭載
ScreenPad 2.0をタッチパッドとして使用している時

 

GeForce MX250を搭載

ZenBook Edition 30は、外部グラフィックスとしてGeForce MX250を搭載しています。

13型クラスのノートPCなのに、外部グラフィックスを搭載しているというのは、珍しい構成です。

GeForce MX250の性能はそれほど高くはないものの、CPU内蔵のインテル UHD グラフィックス 620より遥かに優れた性能を示しています。本格的な動画編集をするにはスペック不足ですが、簡易的な編集なら対応できるでしょう。

グラフィックス性能の目安 ~3DMark Time Spy~
GeForce GTX 1050 1787
GeForce MX250 1119
Intel UHD 620 313

 

広視野角・広色域液晶

ZenBook Edition 30は、フルHDの広視野角液晶を搭載しています。

また、sRGB 100%(カバー率か比かは不明)と液晶の色域が広めです。Webコンテンツの作成などであれば十分な品質です。

さらに、ディスプレイベゼルの幅は、サイドが2.8mm、下部が3.3mm、上部でも5.9mmと非常に狭く、ボディ対画面の比率は95%となっています。非常にすっきりした見た目で、モダンなノートPCという印象を受けます。

広視野角・広色域の液晶

 

こだわりのアクセサリを同梱

ZenBook Edition 30には、本革スリーブと、パールホワイトのワイヤレスマウスなどがアクセサリとして付属しています。

統一感があるので、持ち運ぶ時はこれらをセットにして使うといいと思います。

専用スリーブとワイヤレスマウスが付属

 

ライバル機種との比較

13.3型でCore i7とGeForce MX250を搭載したデルのInspiron 13 5000(5390)と比較してみました。

ZenBook Edition 30は、前述したScreenPad 2.0を搭載している点、16GBメモリに大容量SSDを搭載できる点、ボディがコンパクトである点が優れていると思います。

一方、Inspiron 13 5000は、質量が軽く、価格が非常に安いです。また、ZenBook Edition 30はセカンドディスプレイを搭載しているため消費電力が高く、バッテリー駆動時間はInspiron 13 5000のほうが長くなると思われます。

ライバル機種との比較
  [本製品]
ZenBook Edition 30
デル
Inspiron 13 5000 (5390)
画像
CPU Core i7-8565U
GPU GeForce MX250
メモリ 16GB 8GB
ストレージ 1TB PCIe SSD 512GB PCIe SSD
液晶サイズ 13.3型 フルHD
液晶種類 広視野角 光沢 広視野角 光沢
質量 約1.35kg 約1.24kg
サイズ [mm] [幅] 302
[奥行] 189
[高さ] 18.5
[幅] 307.6
[奥行] 204.7
[高さ] 16.8
バッテリー 約10.4時間(50Wh) 45Wh
価格[税別] 179,030円 97,093円

 

質量のチェック

ZenBook Edition 30の質量は、約1.35kgです。

同じ13型のモバイルノートPCと比較すると、重い部類になりますが、無理なく持ち運べる質量ではあります。また、外部グラフィックスのGeForce MX250や、ScreenPad 2.0など、他のモバイルPCが搭載してない機能を搭載していることを考慮すると、悪くない数値だと思います。

13.3型クラムシェル型モバイルノートの「質量」の比較
LIFEBOOK WU2/C3(25Wh) 約698g
LAVIE Direct HZ (i5) 約831g
LAVIE Direct PM (L) 約837g
dynabook GZ(42Wh) 約859g
LAVIE Direct PM (タッチ) 約941g
ZenBook S UX391UA 約1080g
Yoga S730 約1100g
HP Spectre 13 約1110g
ZenBook 13 UX333FA 約1160g~
ThinkPad X390 約1180g~
XPS 13 (9380) 約1230g
HP Pavilion 13-an0000 約1260g
Inspiron 13 7000 約1330g
ThinkBook 13s (Core i5) 約1340g
ZenBook Edition 30 約1350g
ThinkBook 13s (Core i7) 約1380g

 

バッテリー容量のチェック

ZenBook Edition 30は、50Whのバッテリーを搭載しています。

13型のクラムシェル型モバイルノートPCの中でも、トップクラスのバッテリー容量です。

ただし、ZenBook Edition 30は、Screen Pad 2.0を搭載しており、バッテリー駆動時間はカタログ値で最大約10.4時間と長くはありません。

13.3型クラムシェル型モバイルノートの「搭載バッテリー」の比較
XPS 13 (9380) 52Wh
ZenBook Edition 30 50Wh
ZenBook S UX391UA 50Wh
LIFEBOOK WU2/C3 50Wh
ZenBook 13 UX333FA 50Wh
ThinkPad X390 48Wh
ThinkBook 13s 45Wh
HP Spectre 13 43.7Wh
LAVIE Direct HZ 42Wh
dynabook GZ 42Wh
Yoga S730 42Wh
Inspiron 13 7000 38Wh
HP Pavilion 13-an0000 37Wh
LIFEBOOK WU2/C3 25Wh
dynabook GZ 21Wh

 

外観のチェック

最初の部分でもふれたように、ZenBook Edition 30は、デザイン性の高さが大きな特徴になっています。

写真のように、閉じて置いてあるだけでも、パールホワイトの本革ボディは目を引きます。また、サイドに少し見えるローズゴールドのエッジ部分の輝きも特徴的です。

底面までシンプルなデザインで、どこをとってもプレミアムな上品さが伝わってきます。

閉じた状態もおしゃれ
底面もすっきり

 

インターフェイスには、USB3.1、USB2.0、USB3.1 Type-C、HDMI、microSDカードリーダーを備えており、標準的です。

ただし、USB3.1 Type-Cポートは、データ転送のみに対応しており、映像出力や給電には対応していません。

欲を言えば、既存のUSB3.1 Type-CポートをUSB PDに対応させて、給電をUSB Type-Cから行い、DC-inをなくして、その分SDカードリーダーを搭載していたらよかったです。デジカメなどから写真や動画を取り込みやすくなり、MX250搭載の特徴をより活かせるかと思いました。

インターフェイス構成

 

まとめ

ZenBook Edition 30は、持っているだけで人目を惹きそうなモバイルノートPCです。

天板がパールホワイトの本革で覆われており、ところどころにローズゴールドの輝きが見えます。とても上品な雰囲気を醸し出しています。

また、セカンドディスプレイとなるScreenPad 2.0を搭載している点も大きな特徴で、動画を観ながら作業をしたりなど、使い方の幅が広がります。作業効率が上がることでしょう。

ただし、質量はモバイルノートとしてはやや重い部類で、バッテリー駆動時間もそれほど長くありません。デザイン性とセカンドディスプレイにどれだけ魅力を感じるかで、購入すべきかどうかが変わってくると思います。

ASUSの30周年を記念した限定モデルなので、気になる方は早めにチェックしてみてください。

デザインに優れ、セカンドディスプレイも搭載したモバイルノート

ZenBook Edition 30

特徴

  • 天板が本革仕様の特別なPC
  • 5.65インチのScreenPad 2.0搭載
  • GeForce MX250を搭載

こんなあなたに

  • 自分をあげてくれるおシャレなPCが欲しい
  • セカンドディスプレイに魅力を感じる
  • 価格14万円台~
公式サイトはこちら

 

 

関連ページ