MSI Modern 14 / FRONTIER NSM / ツクモ eX.computer note N1422K の特徴レビュー

更新日:2020年2月22日
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U
GPU CPU内蔵 / MX250
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 14.0インチ
液晶種類 FHD 非光沢
質量 約1.2kg ※1
バッテリー 約9.7時間 ※2
価格[税別] 9万円台~

※Modern 14は約1.19kgと記載
※Modern 14は約10時間と記載

約1.2kgと比較的軽く質感の良いボディ

ここでは、MSI Modern 14 / FRONTIER NSM / ツクモ eX.computer note N1422Kの3機種の特徴を解説しますが、おそらく全て同じ筐体を用いた製品です。おそらくFRONTIERとツクモは、MSIのベアボーンを使用したのだと思われます。

14型液晶で約1.2kg(機種によっては1.19kgと記載)と比較的軽い製品で、アルミ合金を筐体に採用し美しい質感です。

MSI Modern 14のみGeForce MX250を搭載したモデルがあり、簡易的なクリエイティブな作業なら快適です。

公式サイトはこちら(MSI)

 

Modern 14らの特徴

この3機種はおそらく全て同じ

Modern 14、FRONTIER NSM、ツクモ eX.Computer note N1422Kは、ポートの配置が全く同じで、ボディサイズや質量もほぼ同じことから、おそらく同じ筐体だと思われます。FRONTIERとツクモの製品は、MSIの筐体を使ったのだと思います。

上の3機種はおそらく同じ筐体
いずれの機種も同じポート配置
Modern 14のインターフェース
FRONTIER NSMのインターフェース
ツクモ eX.Computer note N1422Kのインターフェース

 

ただし、搭載できるパーツはやや異なります。Modern 14はGeForce MX250を搭載できるのに対し、他の機種は選択できません。また、ツクモのモデルは16GBのメモリを搭載することが出来ません。価格はFRONTIERで買うのが最も安いです。

ラインナップの紹介
  Modern 14 FRONTIER NSM ツクモ
eX.Computer
note N1422K
CPU Core i7-10510U / Core i5-10210U
GPU CPU内蔵
GeForce MX250
CPU内蔵 CPU内蔵
メモリ 8GB / 16GB 8GB / 16GB 8GB
質量 1.19kg 1.2kg 1.2kg
バッテリー 10時間 約9.7時間 約9.7時間
サイズ 322×222×15.9 322×222×15.95
価格[税別] 99,818円~ 94,800円 99,800円~

 

14型の軽量モバイルノートPC

これらの製品は、質量が約1.2kg(MSIの製品は約1.19kg)となっています。

外部グラフィックスを搭載していないモデルは、超軽量という訳ではありませんが、14型モバイルノートPCとしては比較的軽く、無理なく持ち運んで使用できます。

外部グラフィックス(GeForce MX250)を搭載したモデルは、軽いと思います。なお、MSIのModern 14のみGeForce MX250を搭載したモデルがあります。このModern 14は、MSIのビジネス&クリエイターノートPCのラインナップの中では、"性能はやや低めだけど質量は軽い"という位置づけになっています。

MSI ビジネス&クリエイターノートPCの一覧
Modern 15 Prestige 15 Prestige 14
MSI Prestige 14の位置づけ(2020年2月20日現在)
※PS42、PS63などの旧モデルは非掲載

 

第10世代CoreのComet Lake搭載

搭載するCPUは、Comet Lakeと呼ばれる、第10世代Core i5-10210UもしくはCore i7-10510Uです。

下のグラフでCPU性能の比較を行っていますが、Core i5-10210Uと、Core i7-10510Uの性能差は意外と小さいです。個体差があるものの、Core i5-10210Uでも、第8世代Core i7-8565Uの性能を上回っており、モバイルノートPCとしては、十分だと思います。

CPU性能比較  ~ CINEBENCH R20 マルチコア~
Core i7-9750H 2640
Core i7-10510U 1459
Core i5-10210U 1418
Core i7-8565U 1268
Core i5-8265U 1252
Core i3-10110U 852
Core i3-8145U 749
Celeron 3867U 294
※緑色のバーが、本製品で選べるCPUです
※他のPCで計測した代表値です

 

バッテリー駆動時間は普通

eX.computer note N1422Kシリーズは、14型モバイルノートPCとしては大きめの容量となる50Whのバッテリーを搭載しています。

14型モバイルノートのバッテリー容量
ideapad 530S 34Wh
VAIO SX14 35Wh
FRONTIER NSシリーズ 36Wh
レッツノート LV 43Wh
mouse X400 46.74Wh
N1422Kシリーズ [本製品] 50Wh
Ideapad S540(14) 50Wh
ThinkPad X1 Carbon 2019 51Wh
Inspiron 14 7000(7490) 52Wh
Ideapad S340(14) 52.5Wh
ThinkPad T490s 57Wh
Yoga C930 60Wh
Yoga S740(14) 62.3Wh
別のバッテリー容量を選べるパソコンもあります

 

LTE・Wi-Fi 6には非対応

eX.computer note N1422Kシリーズは、LTEは非搭載です。モバイルPCではありますが、格安SIMなどを挿して、外出先でもいつでもすぐにネットに接続する、といった使い方はできません。

また、Wi-Fi 6にも対応しておらず、Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)対応となっています。

ただし、外でのネット接続を使用しない場合や、高速な通信速度にこだわらなければ、それほど気にしなくていいです。

 

Webカムはディスプレイ下部に配置

本製品は、液晶に狭額ベゼルを採用しており、スペースの都合かもしれませんが、Webカムが液晶の下部に配置されています。下の画像の赤枠で囲っている部分がWebカムです。

ビデオチャットを行うときは、下から見上げた状態になるので、やや不自然な映像となってしまうというデメリットがあります。

頻繁にビデオチャットを行う場合や、映りが気になる方であれば、上部にWebカメラが付いているPCの方がいいかもしれません。

Webカムは下部に配置

 

フルサイズSDには対応、しかしPower Deliveryには非対応

本製品は、最近のモバイルノートPCとしては珍しく、フルサイズのSDカードリーダーを備えています。スマホやデジカメからの写真や動画の取り込みなどがしやすいです。

その他のインターフェイスとしては、USB3.2 x2、USB3.2 Type-C x2、HDMIを備えています。USB Type-Cポートは、Thunderbolt 3、USB PD、Alt Modeには非対応です。

左右サイドのインターフェイス

 

バックライト付きキーボード

本製品は、バックライト付きキーボードを搭載しています。バックライトは4段階の明るさ調整が可能で、薄暗い場所でもタイピングがしやすいです。

下の画像から分かるように、キーピッチは広めです。ただし、エンターキーの右隣にもう一列キーが配置してあったり、エンターキーと、その上下、スペースキーの部分では、一つの穴に複数のキーが配置されていたりと、やや変則的な形状になっています。

バックライト付きキーボード

 

アルミ合金製の筐体

本製品シリーズは、アルミ合金筐体を採用しています。モバイルPCとして持ち運びに耐える強度を備えています。

MSIの場合は天板にロゴが入っていますが、FRONTIERとツクモは天板にはロゴなどが配置されておらず、とてもシンプルなデザインです。

MSIの場合はロゴ入り
FRONTIERとツクモはロゴ無し

 

また、ディスプレイ面は180度開き、フラットにすることができます。自然で見やすい姿勢でPCを使用できます。

開く角度

 

ライバル機種との比較

最後に、ライバル機種との比較を行います。

比較対象は、似たスペック、かつ軽量な14型モバイルノートであるFRONTIER NSシリーズと、マウスコンピューターのmouse X4です。本製品の価格は、最も安いFRONTIER NSMで比較しています。

FRONTIER NSシリーズは、1kgを切る質量で、14型モバイルノートPCの中でも最軽量の部類に入ります。ただし、バッテリー容量が小さめです。

mouse X4は、同じ構成でも価格が安く、コストパフォーマンスに優れています。質量やバッテリー駆動時間でもN1422Kシリーズに勝っています。質量とバッテリーのバランスもいいです。

本製品は、GeForce MX250を搭載しているモデルがある点が魅力かなと思います。また、バッテリー容量も多いです。

ライバル機種との比較
  [本製品] FRONTIER
NSシリーズ
マウス
mouse X4
※1
画像
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U
液晶種類 14.0型 FHD 非光沢
GPU CPU内蔵
MX250
CPU内蔵 CPU内蔵
質量 約1.2kg(※2) 約942g 約1.13kg
サイズ [幅] 322
[奥行] 222
[高さ] 15.95
[幅] 322
[奥行] 216.8
[高さ] 16.5
[幅] 320.2
[奥行] 214.5
[高さ] 17.5
バッテリー 50Wh 36Wh 46.74Wh
※1 mouse X4はIntel CPU搭載モデルのみを掲載
※2 MSI Modern 14の仕様表には約1.19kgと記載

 

まとめ

本製品は、14型液晶に比較的軽い質量が特徴のノートPCです。

特にGeForce MX250を搭載している機種は、外部グラフィックスを搭載している割には軽いと思います。

強度が高く質感の良いアルミ合金ボディを採用している点も特徴で、見た目がいいです。

価格も9万円台からとなっており、手ごろです。

GeForce MX250の外部グラフィックスを搭載したいならMSI Modern 14、安く購入したいならFRONTIER NSMがいいと思います。

約1.2kgと比較的軽い14型モバイルノートPC

MSI Modern 14 / FRONTIER NSM / ツクモ N1422K

特徴

  • 14型で約1.2kgと比較的軽量
  • 質感の高いアルミ合金ボディ
  • GeForce MX250搭載モデルもあり

こんなあなたに

  • モバイル兼メインPCが欲しい
  • 軽いクリエイター向けPCが欲しい(MX250搭載時)
  • 価格9万円台[税別]~
MSI Modern 14 FRONTIER NSM ツクモ eX.computer note N1422K

 

関連ページ