富士通 LIFEBOOK SHシリーズ WS1/C2

更新日:2018年7月25日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

普通の動作音です。


騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

騒音値の計測結果

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

普通の温度です。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

底面は低めの温度です。キーボード面は、排気口がある左側がやや高めの温度ですが、それほど気にはなりません。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

普通の消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

ボディはマグネシウム合金です。

 

スパークリングブラックの天板は、それほど光沢感がなくサラサラした素材です。指紋や皮脂は付きにくそうな素材ではありますが、カラーがブラックであるためやや目立ちます。

 

天板を閉じたときの画像です。

エッジはダイヤモンド加工が施されています。

正面側にスピーカーが搭載されていますが、音はあまり良くなく、最大音量も小さめです。ノートPC基準で点数をつけると、10点満点で3.5点といったところです(普通が5点で、筆者の独断の評価です)。

 

電源ボタンとECOボタンです。

 

指紋認証装置も搭載されています。

 

底面です。バッテリー部分が出っ張っています。

 

バッテリーは、まずカバーを外してから交換します。

 

中央のカバーを外すとメモリがあり、換装可能です。もう1つのメモリ(4GB)はオンボードであるため換装できません。

 

液晶が開く最大の角度です。

 

側面のポート類です。USB3.0、LAN、HDMI、光学ドライブなどを搭載し、モバイルノートパソコンにしては種類が豊富です。USB Type-Cポートも搭載されています。

 

ACアダプターの画像です。

 

ACアダプターは、スティック形状で持ちやすいです。容量は65W(19V、3.42A)です。

まとめ

以上が、富士通 LIFEBOOK WS1/C2のレビューです。

光学ドライブを搭載したモバイルノートパソコンはかなり少なくなりましたが、光学ドライブが必要という方はまだいると思います。そういった方に、光学ドライブを搭載した本製品はおすすめです。

光学ドライブはマルチベイ構造となっており、取り外してカバーをしたり、増設用内蔵バッテリユニットや増設用内蔵ハードディスクユニットを装着したりすることができ、用途によってスペックを変えることが可能です。

バッテリーも2種類選択できます。大容量バッテリーを搭載し、さらにマルチベイに増設用内蔵バッテリユニットも装着すれば、非常に長くバッテリー駆動可能です。バッテリー駆動時間重視の方にもおすすめのPCです。

ただし、バッテリー部分が出っ張っており、カバンに入れたときに少しかさばります。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:富士通WEBMART(LIFEBOOK SHシリーズ)
富士通パソコンクーポン

 

 

関連ページ

モバイルノートパソコンの比較

モバイルノートパソコンの比較ページ。LIFEBOOK UHや、ThinkPad、レッツノートなどの人気の製品や、液晶サイズ別に製品を掲載しています。