15インチノートPCの比較

更新日:2020年10月9日

ここでは、おすすめの15インチノートPCを紹介します。

一般ユーザーに最適な画面サイズであり、各社が力を入れているサイズでもあます。今回は、エントリーPC、スタンダードPC、ハイスペックPC、ゲーミングPCの4つのカテゴリに分けて、厳選したおすすめ機種を紹介します。

目次

 

エントリーPC

まずは、3~4万円台(税別)で購入できるエントリー向けPCを紹介します。

この価格帯で購入できるPCは、以前は、PentiumやCeleronなど軽作業中心の用途でしか使えないCPUが搭載されることが多かったですが、最近では、Core i3やRyzenなど、十分快適に使えるCPUを搭載したモデルも発売されています。

ただし、ここで紹介している主なPCは、液晶の視野角が悪く色域も狭いため、画面が薄く青白い感じがする画面が多いです。個人的には長時間使うと眼が疲れます。 

選び方のポイント

CPU

まずチェックするのは、搭載しているCPUです。一つの目安として、下のCINEBENCH R20のスコアが300程度あれば、軽作業用としては、そこそこ快適に動作すると思います。

Core i9-9980HK 3552(参考)
Core i7-9750H 2640(参考)
Ryzen 5 4500U 2180(参考)
Ryzen 5 3500U 1421
Core i3-1005G1 948
Ryzen 3 3200U
(Ryzen 3 3250Uも同等)
751
Athlon 300U 637
Athlon Silver 3050U 615
Celeron 4205U 304
CINEBENCH R20
※緑のバーはこのカテゴリで紹介しているPCの4万円台以下のモデルに搭載されるCPU
ストレージ

ストレージも要チェックです。CPUが非力でも、SSDであれば動作が快適になることが多いので、SSDの搭載を推奨します。動画ファイルをたくさん保存するなど、どうしてもディスク容量が必要な場合は、HDDにしましょう。

液晶

現在の主流はフルHD(1920x1080)液晶ですが、格安PCには解像度の劣るHD(1366x768)液晶が搭載されることが多いです。文字などを滑らかに表示でき、一度に表示できる情報量も多くなるため、できればフルHD液晶搭載モデルがおすすめです。

 

おすすめのエントリーPC

HP Pavilion 15s-eq1000

液晶 15.6型 FHD IPS 非光沢
CPU AMD Athlon Silver 3050U
AMD Ryzen 3 3250U など
質量 約1.6kg
価格 3万円台(税別)~
IPS液晶を搭載し3万円台から

この価格帯のPCにしては、見やすいフルHD IPS液晶を搭載し、AMD Athlon Silver 3050Uモデルなら3万円台からと非常に安いです。また、軽めなので、取り扱いもしやすいです。

おすすめは、Ryzen 3 3200Uに、8GBメモリ、256GB SSDの構成で、4万円台のモデルです。かなり処理性能がアップするRyzen 5 4500Uモデルも5万円台とお手頃です。

レビュー記事はこちら
レノボ IdeaPad Slim 350 (14)
液晶 HD / FHD TN 非光沢
CPU Ryzen 7 4700Uなど
質量 約1.5kg
価格 3万円台(税別)~
しっかり使えるCPUで3万円台~

Ryzen 4000プロセッサーを搭載しつつ3万円台で購入できるコスパの高いノートパソコンです。

ただし、TNパネルなので視野角が悪く、液晶はあまり見やすくはありません。

インテルCPUを搭載したSlim 350iという製品もあります。

レビュー記事はこちら

デル Inspiron 15 3000
(3580/3583)

液晶 15.6型 HD 非光沢
CPU Celeron 4205U
質量 約2.03kg~
価格 3万円台(税別)~
Office付きでも4万円台

スペックにはこだわらないから、Office付きノートPCをとにかく安く手に入れたい方におすすめです。

Celeron 4205U、4GBメモリ、Office Personal付きで4万円台と安いです。ただし、TNパネルのHD液晶で、ストレージはHDDです。 

メーカーサイトはこちら

 

スタンダードPC

ここでは、標準的なCPUを搭載し、液晶も比較的見やすく、家庭での一般的な用途であれば快適に使用できるスタンダードノートPCを紹介します。

Web閲覧、メール、動画視聴などの簡単な作業に加えて、趣味レベルの写真や動画の編集、ライトなゲームなどマルチに使うことができます。ファミリーからオフィスでの使用まで、幅広く使用でき、最も多くの人に選ばれるカテゴリです。

選び方のポイント

CPU

まずは、CPUをチェックしましょう。通常は、Core i5、もしくはRyzen 5であれば、様々なタスクを快適に処理でき、おすすめです。予算に余裕があり、写真や動画を扱うなど、負荷のかかる作業が多ければCore i7、Ryzen 7搭載モデルを、オフィスソフトの使用などが多く、できるだけ安くしたければCore i3、Ryzen 3搭載モデルを選択するといいでしょう。

また、価格を抑えつつも、高い処理性能を希望する場合は、Ryzen 4000Uシリーズがおすすめです。

Core i9-9980HK 3552(参考)
Core i7-9750H 2640
Ryzen 7 4700U 2585 おすすめ
Ryzen 5 4500U 2208 おすすめ
Ryzen 3 4300U 1558 おすすめ
Ryzen 7 3700U 1526 (参考)
Core i7-1065G7 1484
Core i7-10510U 1459
Core i5-1035G1 1424 おすすめ
Ryzen 5 3500U 1421
Core i5-10210U 1418 おすすめ
Core i7-8565U 1268
Core i5-8265U 1252
Core i3-8145U 952
Core i3-1005G1 948
Core i3-10110U 922
Ryzen 3 3200U 751(参考)
CINEBENCH R20 マルチコア
※緑のバーはこのカテゴリで紹介しているPCに搭載されているCPU
メモリ

メモリは、8GBを推奨します。ブラウザのタブを数十個開く方や、アプリをたくさん開く方、RAW現像などをする方は16GBあったほうが安心です。

ストレージ

一般ユーザーであれば、256GB SSDあたりがおすすめです。動画をたくさん保存するような方は、HDDも同時に搭載できる製品がいいと思います。

液晶

フルHD(1920x1080)液晶がおすすめです。また、IPSまたは広視野角と書かれた液晶が見やすいのでおすすめです。さらに、sRGBカバー率というのが90%以上あると色が鮮やかに表示され、さらに見やすいと思います。sRGBカバー率は各レビュー記事をご覧ください。

 

おすすめのスタンダードPC

デル Inspiron 15 5000(5505)

液晶 15.6型 FHD 広視野角 非光沢
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
質量 約1.714kg~
価格 5万円台(税別)~
高処理性能が安い

処理性能が飛躍的に向上したRyzen 4000Uシリーズを搭載する15型ノートPCとしては、かなり価格が安い機種です。

Ryzen 5 4500U、8GBメモリ、256GB SSDの構成で、5万円台とコスパの高さが際立ちます。また、液晶の視野角も広く、価格の割に見やすいです。

同じボディにIntel CPUを搭載した、Inspiron 15 5000 (5501)もあり、こちらもおすすめです。

レビュー記事はこちら
マウス mouse X5シリーズ

液晶 15.6型 FHD 非光沢
CPU Core i7-10510U
Ryzen 5 3500U
質量 約1.39kg~
価格 8万円台(税別)~
15.6型でも持ち運べる軽量ノート

15.6型ノートなのに、質量が約1.39kgからと、とても軽量で、楽に持ち運ぶことができます。しかも、大容量バッテリーを搭載しており、長時間のバッテリー駆動が可能です。

国内生産でありながら、Ryzen 5 3500U、8GBメモリ、256GB SSDの構成が8万円台(税別)という価格も魅力です。インテルCPUモデルもあります。

家でも外でも使いやすく、テレワークにもおすすめです。

レビュー記事はこちら
レノボ ideapad S540(15,Intel)

液晶 15.6型 FHD IPS 非光沢
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U など
質量 約1.8kg
価格 5万円台(税別)~
コスパ重視ならこれ

スペックだけでなく、見やすいIPS液晶、アルミボディなどを考えると、トータルバランスがよく、コスパがかなり高い15.6型ノートPCです。

イチ押しは、第10世代Core i5、8GBメモリ、256GB SSDの鉄板構成で6万円台(税込)のモデルです。

メーカーや、細かい部分にこだわらないのであれば、おすすめ度は非常に高いです。

レビュー記事はこちら
HP Pavilion 15-cs3000

液晶 15.6型 FHD IPS 光沢
CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G1 など
質量 約1.82kg
価格 6万円台(税別)~
一般用途にちょうどいい

ファミリー用途を含め、一般のユーザーのメインPCとしてちょうどいいノートPCです。

見やすいIPS液晶を搭載し、アルミを使用したデザインもよく、メーカーがHPという安心感もあります。

Core i5、8GBメモリ、256GB SSD + 1TB HDDの構成では、動作の速さと、大容量ストレージを確保し、6万円台とリーズナブルです。

レビュー記事はこちら

メーカーさんから特別に、HP製パソコンが安く買えるクーポンを発行していただきました。詳細はこちらをご覧下さい。

HP ENVY x360 15

液晶 15.6型 FHD IPS 光沢 タッチ
CPU Core i7-1065G7
Ryzen 7 4700U など
質量 約2.0kg
価格 8万円台(税別)~
快適スペックのコンバーチブル型PC

性能は高めでも、価格は安く、コンバーチブル型PCなので使用できる場所も多いため、非常に人気のある機種です。

アクティブペンも使用でき、スケッチや手書きメモも取れます。

AMDモデルなら高い性能でも価格は安く、Intelモデルならペンが付属しておりお買い得です。

レビュー記事はこちら
dynabook PZ55/M、PZ55/P

液晶 15.6型 FHD 非光沢
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U など
質量 約1.79kg
価格 6万円台(税別)~
PC初心者でも安心

国内の有名メーカーの中では安く、マニュアル類も充実しているので、初心者でも安心して購入できます。

第10世代Core i5、8GBメモリ、256GB SSD + 1TB HDDという快適に使える構成が、7万円台(税別)です。さらに、MS Office H&Bを付けても9万円台(税別)です。

やっぱり国内メジャーメーカーが安心、という方におすすめです。

レビュー記事はこちら
富士通 LIFEBOOK WA3/D3

液晶 15.6型 FHD 広視野角 光沢
CPU Core i7-9750H
Core i5-8265U など
質量 約2.1kg
価格 8万円台(税別)~
タイピングしやすい上質ノートPC

キーストロークが2.5mmと深く、タイピング性能に優れており、キー入力が多い方に特におすすめです。また、ここで紹介した機種の中で、唯一光学ドライブを搭載しています。

第8世代Core i3から、高めの処理性能のHシリーズCore i7まで選択できます。

国内のメジャーなメーカーであり、1年間の電話サポートや、3年保証が付いているため、初心者でも安心して使用できるでしょう。

レビュー記事はこちら

 

ハイスペックPC

ここでは、一般的なノートPCよりも高めのCPU性能やグラフィックス性能を備えた、ハイスペックPCをご紹介します。

メインPCとしてより快適に使用したい方や、画像や動画の編集作業、CADや3Dモデリングなどのクリエイティブな作業用として使用したい方に適したカテゴリです。

選び方のポイント

CPU

第10世代のHシリーズのCoreプロセッサーが登場し、Core i7-10750HがハイスペックPCのスタンダードとなっています。高いCPU性能を望むなら、Core i7-10875Hなどもいいでしょう。

Core i9-10980HK 3643 (参考)
Core i7-10875H 3557 おすすめ
Core i9-9980HK 3552
Core i7-10850H 2839
Core i7-10750H 2777 おすすめ
Core i7-9750H 2640
Ryzen 7 4700U 2585
Core i7-10710U 2483
Core i5-10300H 2113
Ryzen 7 3700U 1526
Core i7-1065G7 1484
Core i7-10510U 1459
CINEBENCH R20 マルチコア
※緑のバーはこのカテゴリで紹介しているPCに搭載されているCPU
グラフィックス

GTX 1650やGTX 1650 Max-Qは、ゲーミングノートPCであればエントリークラスの性能ですが、ノートPC本体の質量を軽くすることができます。外出先へ持ち運んで動画編集などクリエイティブワークを行うノートPCに最適なグラフィックスです。

Officeなど一般的な作業を快適に使いたいという目的なら外部グラフィックスは不要です。

RTX 2080 9456(参考)
ノート用GTX 1650Ti 3700
GTX 1650 3523
GTX 1650Ti Max-Q 3095
GTX 1650 Max-Q 2983
GeForce MX250 1056
Intel UHD 380
3DMark Time Spy- Graphics score
※緑のバーはこのカテゴリで紹介しているPCに搭載されているグラフィックス
液晶

ハイスペックノートPCにおいては、作業内容に適した液晶を選択することをおすすめします。チェックするのは、解像度と色域の広さです。

高解像度の写真や、4K動画を扱うのであれば、4K液晶が適しています。

色域については、ウェブ用コンテンツの作成であればsRGB 100%、印刷用コンテンツの作成であればAdobe RGB 100%、本格的な映像編集にはDCI-P3 100%を目安に、作業に適した色域の広い液晶を選ぶとよいでしょう。

メモリ

ハイスペックPCに見合うメモリとしては、最低8GB、RAW現像などのクリエイティブな作業を行うのであれば、最低16GBは確保したいところです。クリエイター向けソフトを複数起動するなら、32GBあると安心です。カスタマイズの可否や、後から自分で増設することができるのかもチェックしておくといいと思います。

 

おすすめのハイスペックPC

マウス m-Book K

液晶 15.6型 FHD IPS 非光沢
CPU Core i7-9750H
GPU GeForce MX250
質量 約2.0~2.1kg
バッテリー 約7.4時間
価格 9万円台(税別)~
ハイスペックPCが9万円台から

Core i7-9750Hを搭載しながら、9万円台(税別)から購入できる非常にコスパの高い機種です。

「たくさんアプリを起動する」、「重いアプリを使う」といったケースでも、サクサク動くノートパソコンです。テキパキと、少しでも作業を早く済ませたい行いたい方におすすめです。

ただし、色域が狭いので、クリエイターには不向きです。

レビュー記事はこちら
デル Inspiron 15 7000(7501)

液晶 15.6型 FHD 広視野角 非光沢
CPU Core i7-10750H
Core i5-10300H
GPU GeForce GTX 1650Ti / GTX 1650
質量 約1.75kg~
バッテリー 56Wh / 97Wh
価格 9万円台(税別)~
高性能なのに軽めのPC

56Whバッテリーを搭載した最小構成だと、約1.75kgとハイスペックの15.6型のノートとしては軽く、扱いやすいです。

また、実測で1.896kgになりますが、97Whバッテリーであれば、長めのバッテリー駆動も可能です。

液晶の色域は実測でsRGBカバー率96.9%とまずまずです。クリエイターの入門機としても使用できます。

レビュー記事はこちら
MSI Prestige 15

液晶 15.6型 4K 非光沢 / FHD 非光沢
CPU Core i7-10710U
GPU GeForce GTX 1650 Max-Q
質量 約1.6kg
バッテリー 約80.25Wh
価格 15万円台(税別)~
持ち運ぶならコレ

GeForce GTX 1650 Max-Qのグラフィックスを搭載しながら、約1.6kgしかないクリエイター向けの15.6型ノートPCです。

この中ではCPU性能がやや落ちますが、その分質量が軽いので、外出先へ持ち運ぶことが多いならおすすめです。 

CPU性能が落ちると言っても、この機種に限っては、他のCore i7-10710U搭載ノートPCよりも高いベンチマークスコアが出ていました。

レビュー記事はこちら
デル XPS 15(9500)変更

液晶 FHD+
UHD+ Adobe RGB 100%
CPU Core i7-10875H
Core i7-10750H など
GPU CPU内蔵 / GeForce GTX 1650Ti
質量 約1.83kg / 約2.05kg
バッテリー 56Wh / 86Wh
価格 16万円台(税別)~
高性能で使いやすい高級ノートPC

高性能で、比較的軽く、質感も高い、クリエイター向けの高級ノートPCです。

最大で、Hシリーズの8コアプロセッサーであるCore i7-10875H + GTX 1650Tiの高スペック構成が可能です。また、アスペクト比が16:10の液晶を搭載し、縦方向の情報量が増えて、クリエイター用ソフトが使いやすいです。

4K OLEDディスプレイが選択できる、旧モデルのXPS 15 (7590)もまだ販売されており、こちらもおすすめです。

レビュー記事はこちら

メーカーさんから特別に、当サイト経由でデル製パソコンを購入すると、楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施していただきました。詳細はこちらをご覧下さい。

レノボ ThinkPad X1 Extreme Gen3

液晶 FHD IPS 300nit 非光沢
FHD IPS 500nit 非光沢
4K IPS 非光沢 Adobe RGB 100%
4K OLED DCI-P3 100% タッチ
CPU Core i7-10850H
Core i7-10750H など
GPU GeForce GTX 1650Ti Max-Q
質量 約1.7kg / 約1.8kg
バッテリー 最大 約16.7時間(80Wh)
価格 19万円台(税別)~
バランスのいい機種

XPS 15と比べると、グラフィックスのスペックはやや劣るものの、メモリやストレージの最大容量は大きく、LTEにも対応し、質量も軽くなっており、バランスのいい機種です。外でも使いやすいと思います。

液晶の選択肢も4種類と多いです。

実用的に不足を感じることはないと思いますが、グラフィックスがMax-Qデザインなので、そこまで高いパフォーマンスではありません。

レビュー記事はこちら
HP Spectre x360 15

液晶 15.6型 4K IPS タッチ
4K OLED
タッチ
CPU Core i7-10750H
GPU GeForce GTX 1650Ti Max-Q
質量 約1.92kg~
バッテリー 最大 約15時間
価格 22万円台(税別)~
ペンも使えるクリエイター向け2 in 1 PC

高スペックで、15.6型のサイズでは珍しい、コンバーチブル型の2 in 1 PCです。自在に変形できるので、PCを使用する場所を選びません。

100% DCI-P3と広色域で、色域変換機能も備えた4K OLEDディスプレイを選択できます。

性能がアップしたHP MPP アクティブペンも付属しており、デザイン性の高いボディも特徴的です。

特に、ペンを使用したクリエイティブな作業におすすめの機種です。

レビュー記事はこちら

 

ゲーミングノートPC

ここでは、当サイトで人気のあるゲーミングPCを厳選して紹介します。

詳細なゲーミングPCの選び方を含め、数あるゲーミングノートPCの比較については、下のページをご覧ください。

ゲーミングノートPCの比較とおすすめ 2020

 

おすすめのゲーミングノートPC

ここでは厳選して2機種だけ紹介します。

レノボ Legion 550Pi
液晶 15.6型 FHD IPS 非光沢 60Hz / 144Hz
CPU Core i5-10300H / Core i7-10750H
GPU GTX 1650 / GTX 1660Ti /
RTX 2060
価格 9万円台(税別)~
低予算で買うならコレ

GeForce GTX 1650搭載モデルなら、税別で9万円台から購入できます。

ディスプレイの色域も高いので他の用途でも使用できます。

また、この安さで144Hz駆動に対応しているのも高いポイントです。

納期は長いので気長にお待ちください。

レビュー記事はこちら

ドスパラ GALLERIA GCL2060RGF-T
液晶 15.6型 FHD 非光沢 144Hz
CPU Core i7-10750H
GPU GeForce RTX 2060
価格 15万円台(税抜)~
持ち運ぶならコレ

GeForce RTX 2060搭載で約1.85kgしかないゲーミングノートです。

ノートPCを外出先へ持ち運んだり、別の部屋へ移動することがある方に適しています。

ただし、Enter周りのキー形状と配列が独特です。詳細はレビュー記事をご覧ください。

レビュー記事はこちら

 

関連ページ