マウスコンピューターの評判・評価レビュー

更新日:2021年6月29日

マウスコンピューターの特徴

マウスコンピューターで購入するメリット

マウスコンピューターのメリットと言えば、コストパフォーマンスの高さを思い浮かべると思います。ただ、マウスコンピューターのメリットはそれだけではありあせん。品質サポートも高いレベルにあるメーカーだと思います。


知らない方も多いと思いますが、マウスコンピューターはマイクロソフトのOEM認定を受けている数少ないメーカーです。もちろんOEMの認定を受けるには、一定の要件を満たす必要があます。

パーツの検証期間はショップブランドよりも長く、高い品質のパソコンを提供しています。

マウスコンピューターは、NECや富士通と同じ「メーカー」のカテゴリに入るため、”OEM”ではなく”DSP版”のWindows OSを扱っているショップブランドとは一線を画します。


また、主に液晶ディスプレイや電源ユニットで行う試験ですが、

 ■-5~45℃での環境試験(メーカー保証は5~35℃)
 ■室温40℃で連続稼働させる長期ライフ試験

などの負荷試験を行っています。長期ライフ試験に関しては、500時間の連続稼働に耐えられたら製品化するそうです。製品化後も、5000時間まで連続稼働させてテストするそうです。品質面でも安心です。


生産は、国内(長野県飯山市)で行われ、熟練した日本人によって組み立てられています。デルやレノボなどは、海外で生産されて運送されてくる機種が多いため、作業者のスキルレベルや船や飛行機での運輸時の故障が心配ですが、国内生産のマウスコンピューターなら安心です。

熟練した作業と、何重にも行うチェックにより、1つ1つ構成が異なるBTOパソコンでありながら、現時点(2013年9月20日)まで、取り付けミスを一度もしたことがないそうです。


某掲示板などを見ると、サポートの評判が良く書かれていないこともありますが、最近は、サポートにも非常に力を入れています。特に驚くべきなのが24時間365日電話サポートを実施している点です。

さらに、「安心パックサービス」という保証が2010年9月から開始されました。最短当日修理返却や、初期不良時の新品交換、専用ダイヤルなどのサービスを提供しています。具体的な内容は、ページの一番下をご覧ください。安心パックサービスは是非加入したほうがいいです。

最後に、「国内メーカーのPCは高価だし、海外メーカーやショップブランドでは品質とサポートが不安だ」という方に、マウスコンピューターのパソコンは最適ではないかと思います。

 

マウスコンピューターで購入するデメリット

マウスコンピューターで購入するデメリットですが、個人的には大きなもの無いと感じています。

強いて挙げるとすれば、デスクトップPCをカスタマイズするとき、メーカーの分からないパーツ(目隠しパーツ)が多い点です。ただ、その分、PCの価格は安いです。また、ショップメーカーよりも時間をかけて相性問題の検証をしているため、一般ユーザーであれば十分な品質です。

また、ノートパソコンは、他メーカーのベアボーンを使っていることが多いため、デザインが地味なものが多いです。逆に言えば、派手ではないので、恥ずかしがることなくリビングでも外でもどこでも使えます。

また、一応書きますが、「国内生産」と言っても、国内でパーツまで開発・製造しているわけではありません。パーツは基本的には海外製で、組み立てのみ国内で行っています。これは「国内生産」と謳っている他のPCメーカーでも同じことです。

また、ドスパラやツクモなどに比べると、最新パーツを取り入れるのがやや遅くなってきています。ただこれは、検証にかける時間を長く取り、信頼性を上げるためだそうです。

 

マウスコンピューターの評価

筆者はこのサイトを運営している関係上、マウスコンピューターのパソコンだけで、10台以上は自腹購入し、メーカーさんからも50台以上は製品を借りたことがあります。一時は、3年くらいメインPCとして使用していたこともありました。何万台も使ったことがあるわけではないので初期不良の確率までは分かりませんが、一般の人よりはマウスコンピューターのパソコンの使用機会は多いと思います。

その上でマウスコンピューターのパソコンを評価すると、製品の品質は問題ないと思います。マウスコンピューターのデスクトップPCの一部のパーツは、メーカーが不明であったりOME製を使っていたりします。こういったパーツは、高価格なマザーボードや電源に比べるとやや品質が落ち、また自分でドライバーを適用しにくいケースもあります。ただし、通常の品質は確保されていますし、パーツの相性の検証は時間をかけているので安心です。「高性能パーツで構成したい!」というユーザーには向いていませんが、一般の方であれば十分な品質です。

ショップブランドの中には、市販のパーツを細かく選べ、高価格パーツでPCを構成することも可能ですが、そうすると価格がかなり高くなってしまいます。また、パーツの相性も厳密に取られているわけではないので、自己解決できる自作上級者なら問題ないかもしれませんが、初心者の場合は心配もあります。

ノートパソコンもCLEVOなどの信頼できるベアボーン(ボディやマザーボードが構成されており、メモリやHDDなど一部のパーツを取り付ければ完成するキット)を使用していることが多く、こちらも問題ないです。ボディや基盤から設計開発することは少ない(少しはある)ため、超軽量なノートPCは苦手ですが、高性能なノートPCは得意としており、ゲームユーザーやクリエイティブな作業(動画編集や画像編集など)をするユーザーには非常におすすめです。

購入後のサポートは、他社と比べても優れていると思います。上述しましたが、24時間電話サポートと、安心パックサービスの存在が大きいです。一部の海外メーカーと違い、日本人が対応してくれるので、PCの知識が少なくて少しチグハグな説明をしても理解してくれます。実際にトラブルがあったときに電話したことが何度かありますが、問題なく対応してくれました。

 

マウスコンピューター製PCを安く買う3つの方法

その1当サイト向けオリジナルモデルを購入する

メーカーさんに特別に価格を下げてもらったオリジナルモデルなら、通常より安く購入できます。なお、通常モデルとは初期スペックが異なるだけで、製品自体は同じものです。

その2セール品を狙う

マウスコンピューターでは、定期的にセールを行っています。もし本製品がセール対象に入っていれば、安く購入できます。上のオリジナルモデルと比較して安い方をご購入下さい。

その3当サイト限定「Amazonギフト券プレゼント」を利用する

当サイト限定で、税込み130,000円以上のマウスコンピューター製PCを購入すると、5,000円分のAmazonギフト券がもらえます。なお、当サイト経由で購入されたものだけが対象となります。申請方法などの詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

 

4つのブランドを展開

マウスコンピューターのPCは、用途によって次の4つのブランドに分かれています。

パソコンによって、液晶の品質がよくなかったり、動作音がうるさかったりなど、特徴やオススメ度は変わってきます。同じメーカーのPCだからと言って、全てのPCがおすすめというわけではないですし、メーカーの力の入れ具合も変わってきます。以下、マウスコンピューターの各機種と、簡単な特徴を掲載しますので参考にしてください。欲しい機種が見つかったら、詳細なレビュー記事も確認するといいです。

 

mouse パソコン

一般用途向けのノートパソコンの一覧です。マウスコンピューターのノートは、コストパフォーマンスの高さが魅力です。またゲームや動画編集もこなせるような専用グラフィックスを搭載したPCもあります。

モバイルノートパソコン

mouse C4シリーズ

14.0型 FHD 非光沢

Celeron N4100

約1.29kg

約11.0時間

4万円台(税込)~

Celeronだけど、軽作業であればそこそこ快適。比較的軽めの質量で、価格も4万円台と安い。

レビュー

mouse X4-Iシリーズ

14.0型 FHD 広視野角 非光沢

第10世代Core (U)

約1.13kg

約12.0時間

8万円台(税込)~

そこそこの軽さと、バッテリー駆動時間で、購入しやすいモバイルPC。ただし、CPUは第10世代Core (U)。

レビューおすすめ

mouse X4-R5シリーズ

14.0型 FHD 広視野角 非光沢

Ryzen 5 4600H

約1.2kg

約10.0時間

9万円台(税込)~

Ryzen 5 4600Hを搭載し、高めの処理性能。14型の割に軽めで、しかも、9万円台~と安い。

レビューおすすめ

 

スタンダードノートパソコン

mouse B5シリーズ

15.6型 FHD 広視野角 非光沢

Ryzen 5 4500U

約1.62kg~

約8.5時間 / LTE搭載可

9万円台(税込)~

高い処理性能で人気の第3世代Ryzen 5搭載し、LTEにも対応。場所を固定せずに自由に使えるPC。

レビューおすすめ

mouse X5シリーズ

15.6型 FHD 広視野角 非光沢

Ryzen 7 4800H

約1.49kg

約18.5時間

10万円台(税込)~

高めの処理性能に、大容量バッテリーを搭載。しかも、15.6型としては軽い。お得に買えるコラボモデルあり。

レビューおすすめコラボモデル

mouse F5シリーズ

15.6型 FHD 非光沢

第10世代Core (U)

約2.03~2.1kg

最大 約7.5時間

9万円台(税込)~

光学ドライブ付きスタンダードノートPC。ただし、液晶の視野角が悪い点がデメリット。

旧レビュー

 

専用グラフィックス搭載のノートパソコン

mouse K5シリーズ

15.6型 FHD 広視野角 非光沢

Core i7-10750H

GeForce MX350

13万円台(税込)~

高めの性能で、仕事をサクサクこなしたい方に最適。デュアルストレージも可能。

レビュー

mouse K7シリーズ

17.3型 FHD 広視野角 非光沢

Core i7-10750H

GeForce GTX 1650

13万円台(税込)~

17型の大画面搭載。写真・動画編集にも適した高スペックで、仕事用としてもかなり快適。

レビューおすすめ

 

タブレットPC

mouse E10

10.1型 1280x800 光沢

Celeron N4100

タ:約980g タ+キ:約1.28kg

約12.0時間駆動

4万円台(税込)~

頑丈ボディのキッズPC。ペンも付いて、多目的に使えるけど、ストレージが64GBと小さい。

レビュー

※タ:タブレットのみの質量
※タ+キ:タブレット+キーボードの総質量

 

デスクトップパソコン

mouse DTシリーズ

ミニタワー

~Ryzen 7 3700X
Core i9-10900K

GeForce GTX 1660 SUPER

4万円台(税込)~

少しサイズは大きくなるが、コスパが高い。CPUとGPUのパワーがある程度必要な方におすすめ。

レビューおすすめ

mouse SLシリーズ

スリムタワー

~Ryzen 5 3600XT
~Core i7-10700

~GTX 1650

4万円台(税込)~

高めの処理性能でありつつ、サイズと価格を抑えたい方におすすめ。搭載できるGPUは、GTX 1650のみ。

レビューおすすめ

mouse CTシリーズ

コンパクト

Ryzen 5 4500U

6万円台(税込)~

テレビの背面や、TVボードの空きスペース等に設置可能なコンパクトPC。

メーカー直販サイトはこちら

 

G-Tune パソコン

ゲーム向けデスクトップパソコン

G-Tune ハンドル付きミニタワー

コンパクトタワー

~Core i7-10700

RTX 3060

10万円台(税込)~

取っ手が付いて持ち運びやすいので、LANパーティなどにもおすすめ。メンテナンスはしにくい。

レビュー

G-Tune ミニタワー

ミニタワー

~Core i9-10900K
~Ryzen 7 3700X

RTX 3070

10万円台(税込)~

ユーザーの要望を形にしたミニタワーのケース(Micro ATX)を採用。オープンベイはほぼなし。

レビューおすすめコラボモデル

G-Tune ミドルタワー

ミドルタワー

~Core i9-11700K
~Ryzen 7 3800XT

RTX 3080

18万円台(税込)~

ユーザーの要望を形にしたミドルタワーの新ケース(ATX)。カッコよく、カスタマイズ性も高い。

レビューおすすめ

G-Tune フルタワー

フルタワー

~Core i9-11900K
~Ryzen 9 5950X

RTX 3090

27万円台(税込)~

高性能パーツを搭載可能で、PCケースもかっこいい。本格的にゲームをするならおすすめ。上級者向け。

レビューおすすめ

 

ゲーム向けノートパソコン

G-Tune P5シリーズ

15.6型 FHD 非光沢

Core i7-10750H

GeForce GTX 1650

約2.03kg~

14万円台(税込)~

エントリークラスのグラフィックスを搭載し、入手しやすい価格。ゲーミングノート入門機として最適。

旧レビュー

G-Tune E5-165シリーズ

15.6型 WQHD 非光沢 165Hz

Core i7-10870H

GeForce RTX 3060

約1.73kg

18万円台(税込)~

RTX 3060を搭載した、ミドルハイクラスのゲーミングノート。しかも、約1.73kgと軽く、持ち出せる。

レビューおすすめ

G-Tune H5シリーズ

15.6型 FHD 非光沢 240Hz

Core i7-10870H

GeForce RTX 3070

21万円台(税込)~

RTX 3070 Laptopを搭載した、クリエイターも使える機種。メカニカルキーボード搭載で、ゲームも快適。

レビューおすすめ

メーカー直販サイトはこちら

 

DAIV パソコン

デスクトップパソコン

DAIV デスクトップ

ミドルタワー

Core i9-11900K
Ryzen 7 3800XT

GeForce RTX 3070
Quadro RTX 8000

14万円台(税込)~

あらゆるクリエイティブワークに対応できるラインナップ。用途に合った構成が見つかるはず。

おすすめ

 

ノートパソコン

DAIV 4Pシリーズ

14型 FHD+ 広視野角 非光沢

Core i7-1165G7

約985g

約12.0時間

14万円台(税込)~

1kgを切る、軽量モバイルPC。sRGB 100%クラスの液晶を搭載し、画像編集に適した機種。

レビュー

DAIV 4Nシリーズ

14型 FHD 広視野角 非光沢

Core i7-1165G7

GeForce GTX 1650Ti

約1.43kg

約11.0時間

15万円台(税込)~

GTX 1650Ti搭載ながら、約1.43kgと軽いノートPC。頻繁に持ち歩く、クリエイターにおすすめ。

レビューおすすめ

DAIV 5Pシリーズ

15.6型 FHD 広視野角 非光沢

Core i7-10750H

GeForce GTX 1650Ti

約1.53kg

約18.5時間

16万円台(税込)~

高めのスペックながら、外に持ち出せる軽さが特徴。シングルチャネルのメモリがやや残念。

レビュー

DAIV 5Nシリーズ

15.6型 WQHD 広視野角 非光沢

Core i7-10870H

GeForce RTX 3060

約1.73kg

約7.5時間

19万円台(税込)~

高めの性能ながら、軽めのボディ。sRGB比100%クラスのWQHD液晶を搭載し、作業も快適。

旧レビューおすすめ

メーカー直販サイトはこちら

 

MousePro パソコン

ノートPC

MousePro NB4シリーズ

14型 FHD 非光沢

第11世代Core

約1.12kg~

最大 約20.0時間駆動

13万円台(税込)~

性能、持ち歩ける軽量さと、長めのバッテリー駆動時間のバランスがGood。ただし、LTEには非対応。

おすすめ

MousePro NB5シリーズ

15.6型 FHD 非光沢

第10世代Core (U)

約2.03kg

最大 約7.5時間駆動

10万円台(税込)~

第10世代Core搭載で、オフィス用PCとして実用的なスペック。光学ドライブを搭載し、LTEにも対応可。

 

デスクトップPC

MousePro Mシリーズ

コンパクトミニ

Celeron,第8世代Core (U)

CPU内蔵グラフィックス

4万円台(税込)~

旧世代ではあるけどCore i5 (U)まで選択可能。大きな画面を選択できることがメリット。

MousePro Sシリーズ

スリムタワー

~Core i7-10700

CPU内蔵グラフィックス

6万円台(税込)~

コンパクトだけど、デスクトップ用CPUを搭載し、パワーも十分。ただし、外部GPUは非搭載。

MousePro Tシリーズ

ミニタワー

Core i9-10900K

CPU内蔵,~GeForce RTX 3060,~Quadro RTX 4000

9万円台(税込)~

用途に合わせて選べるCPUとGPU。軽作業からゲーム、グラフィックスのプロまで幅広く対応可能。

おすすめ

 

タブレットPC

MousePro-P101シリーズ

10.1型 1280x800 光沢

Celeron N4000

タ:約980g タ+キ:約1.28kg

約12.0時間駆動

3万円台(税込)~

mouse E10と同じ。ただし、標準でペンが付属しないので、オプションで選択する必要あり。

レビュー

MousePro P116シリーズ

11.6型 HD 光沢

Celeron N4100

約1.38kg

約10.6時間駆動

4万円台(税込)~

とにかく頑丈。現場、倉庫、営業などハードな環境に耐えれるタブレットPC。LTE対応モデルもあり。

※タ:タブレットのみの質量
※タ+キ:タブレット+キーボードの総質量

 

ワークステーション

MousePro W9

ミドルタワー

~Xeon Gold 6240 x2基

GeForce RTX A6000,~Quadoro RTX 5000

47万円台(税込)~

3DCADや4Kノンリニア編集に適した、ワークステーション。性能も価格もけた違い。

メーカー直販サイトはこちら

 

マウスコンピューターのサポート

「安心パックサービス」という保証が2010年9月から開始されました。土日を含む365日電話を受け付けています(メンテナンス日は除く)。サポート担当者は中国人ではなく、もちろん日本人です。具体的な内容は次の通りです。

安心パックサービス

最短で当日に修理返却 ・・・ リペアセンター入荷後、最短当日に修理し返却

初期不良期間内の新品交換サービス ・・・ 初期不良発生時に、通常修理対応のところ新品と交換

安心パックサービス専用ダイヤル ・・・ 加入者専用ダイヤルで専任スタッフがサポート対応

 

これだけのサービス内容を、3,300円(1年保証)の追加料金で受けられます。安心パックサービスは是非とも加入しておいたほうが良いです。実際に5回ほど電話してみましたが、かなり早く繋がります。最大でも2分30秒で繋がりました。

ただ、(どのメーカーにも言えますが)担当者のスキルにバラツキがあるので、もし最初の担当者で解決しない場合は、別の日にもう1回かけ直してみると良いと思います。

 

マウスコンピューターの評判・口コミ

他のサイトの評判・口コミ情報を掲載します。誰でも書き込める口コミサイトは、ユーザーのスキルレベルがバラバラで、時には見当違いの口コミもあるので、情報は取捨選択し、すべての評判を鵜呑みにしないようにして下さい。