NEC LAVIE Direct HZ(D) の実機レビュー(2)

更新日:2016年3月2日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。もし動作音が大きいと、気になって作業に集中できなかったり、周りの人に迷惑になったりします。

ファンレスであるため、無音です。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

やや高めですが、高い負荷をかけ続けなければ問題ないでしょう。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

特に問題ないです。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低い消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

まずは、タブレットのみの画像です。

軽量さを追求した製品ということもあり、ベゼル(液晶の枠)と液晶に段差があります。さらに画面が非光沢ということもあり、第一印象は、やや安っぽく感じるかもしれません。ただし、何日か経つと見慣れると思いますし、ベゼルは滑りにくいので持ちやすいです。

 

背面はMg-Li合金で出来ており、軽量さと堅牢性を両立させています。

 

iPad Air 2 ほどではないものの、十分薄い本体です。

 

付属のキーボードドックの画像です。

 

ドッキング後の画像です。

 

液晶を開いた状態では、キーボードの後方がリフトアップし、キーボードに傾斜がついて打ちやすくなります。

 

背面です。

 

液晶を閉じたときの画像です。ドッキング部分のふくらみもそれほど無く、普通のノートパソコンとあまり変わらない見た目です。

 

底面です。中央上部が凹んでいます。凹んでいる理由は不明ですが、この凹みに指をかけられるため、持ちやすいです。

 

液晶が開く最大の角度です。タブレット部分がキーボードとほとんど変わらない重さで、あまり傾けると後ろへ倒れるため、それほど傾けられないようになっています。

 

右側面です。タブレット側にUSB3.0 Type-Cポートが搭載されています。電源ポートは、タブレット側にもキーボード側にもあり、どちらに挿しても充電可能です。

 

左側面です。

 

ACアダプターの画像です。

まとめ

以上がNEC LAVIE Direct HZ(D)のレビューでした。

非常に軽量である点が特徴の2 in 1 パソコンです。キーボードのみでも非常に軽いですし、キーボードを装着していても片手で簡単に持てる軽さです。外出時の負担がかなり減ることでしょう。

また、LTE対応モデルがあるのも嬉しいです。LTEに対応していないと、100gくらいのモバイルWiFiルーターなどを持ち歩くことになってしまい、せっかく軽量なPCでも総重量が増えてしまいますが、本製品はそんなこともありません。

キーボード装着時のバッテリー駆動時間は普通で、軽量でもバッテリー駆動時間が犠牲になっていません。ただし、タブレット本体のみのバッテリー駆動時間は短いです。タブレット本体のみ持ち歩くことが多い方にはおすすめしません。通常はキーボードとドッキングして使い、たまにタブレットのみで使用する方に適した製品です。そこだけご注意下さい。

詳細はこちら
メーカーサイト:NEC Direct(LAVIE Direct HZ(D)) icon
※購入時はリンク先のクーポンを忘れずお使いください