軽量ノートパソコン ランキング

更新日:2020年5月25日

 

このページでは、 現在発売中のモバイルノートパソコンの中で、特に軽い製品をランキング形式で紹介します。

なお、筆者が把握している個人向けのノートパソコンで、現在、メーカーサイトで販売中の製品に限ります。メジャーなPCメーカーは一通り確認していますが、もしかすると漏れがあるかもしれません。

 

ノートパソコンの軽さランキング
製品名 質量
1位 富士通 LIFEBOOK WU2/D2(UH-X) 約698g
2位 Panasonic レッツノート RZ 約775g
3位 dynabook G(GZシリーズ) 約779g
4位 マイクロソフト Surface Go 2 約783g
(W-Fiモデル)
5位 NEC LAVIE Direct PM(Pro Mobile) 約783g
6位 富士通 LIFEBOOK WU3/D2(UH95) 約868g
7位 ASUS ExpertBook B9 約870g
7位 ASUS TransBook Mini T103HAF 約870g
9位 VAIO SX12 約888g
10位 NEC LAVIE Direct NM 約908g
11位 Acer Swift 5 約930g
12位 FRONTIER NSシリーズ 約942g
13位 Panasonic レッツノート SV 約949g
14位 デル Inspiron 13 7000 (7391) 約955g
15位 Panasonic レッツノート QV 約969g
16位 ASUS ZenBook 13 UX331UAL 約985g
17位 HP Elite Dragonfly 約999g
18位 VAIO SX14 約999g

 

ピックアップ製品

上の製品の中から、いくつかの製品をピックアップして、簡単に特徴を解説します。詳細についてはレビュー記事をご覧ください。

富士通 LIFEBOOK WU2/D2(UH-X)
CPU 第8世代Core
(Whiskey Lake-U)
メモリ 4GB ~ 16GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 フルHD IPS 非光沢
質量 約698g~
バッテリー 約11.5時間~
価格 9万円台(税別)~
最軽量モデルは約698g

LIFEBOOK WU2/D2は、最軽量モデルが約698gと、非常に軽いノートパソコンです。

ただし、最軽量モデルは、搭載するバッテリーは25Whとなり、他のPCよりもバッテリー駆動時間が短くなっています。

そのため、個人的には、50Whのバッテリーを搭載したモデルのほうがおすすめです。バッテリー容量が2倍に増えても、質量は約855gと軽量です。

デメリットは、LTEに対応していない点です。

なお、当サイトの計測で、ACアダプターは207gでした。

レビュー記事はこちら

 

マイクロソフト Surface Go 2
CPU Core m3-8100Y
Pentium Gold 4425Y
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ 64GB eSSD
128GB SSD
液晶サイズ 10.5型
液晶種類 1920 x 1280 光沢
質量 約544g / 553g
バッテリー 最大約10時間
LTE 対応モデルあり
価格[税別] 5万円台~
子供や小柄な方におすすめ

Surface Go 2は、Surface Proを軽量・小型化し、スペックを落とす代わりに価格を安くした2 in 1 タブレットPCです。

当サイトの計測では、キーボード付きで約783gとなっており、かなり軽量です。

傾き検知に対応したSurface Proと同じペンも利用可能です。

CPU性能はそれほどよくないため、負荷の高い作業には不向きですが、CPU以外のスペックは高く、ペンも使え、画面が見やすく、LTE対応モデルもあり、キーボードも外して使える万能な機種と言えます。

ただし、Officeが必ず付属します。Officeが必要ない方は無駄でしかありません。

ACアダプターの質量も実測値で134gと軽量なので、持ち運びしやすいです。

レビュー記事はこちら

 

Panasonic レッツノート RZ
CPU 第8世代Core(Y)
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 10.1型
液晶種類 1920x1200 IPS
質量 約775g
バッテリー 最大約11時間
価格 22万円台(税別)~
小型の2 in 1 パソコン

レッツノート RZは、液晶が360度回転する2 in 1 パソコン(タブレットなどの形状に変形できるPC)となっています。タブレット形状にしても、質量が軽いことから、片手でも持てます。

液晶が、一般的な16:9ではなく、16:10になっているのも特徴的です。下のほうまでより多くの情報を表示することが可能です。

LTE対応モデルがあるのもメリットです。格安SIMを使えば、月々900円くらいで、外出先からでもデータ通信をすることが可能です。

ただし、キーピッチがかなり狭く、手の大きい方は窮屈に感じるかもしれません。キー配列がやや独特なところもあります。

搭載しているCPUが第8世代Core Yシリーズのプロセッサーなので、第8世代Core Uシリーズのプロセッサーを搭載した他のPCよりも、処理性能はやや劣ります。

また、やや分厚いのもデメリットです。

当サイトの計測したACアダプターの質量は、ウォールマウントプラグを付けたときは194g、電源コードを付けたときは225gでした。

レビュー記事はこちら

 

dynabook G(GZ)
CPU 第10,8世代Core
メモリ 4GB~16GB
ストレージ PCIe SSD
PCIe SSD + Optane
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 HD / フルHD 非光沢
質量 約779g~
バッテリー 約9.5時間~
価格 9万円台(税別)~
dynabook+SHARPによる完成度の高いモバイルPC

dynabook Gは、dynabookの堅牢性と、SHARPの省電力で色彩豊かなIGZO液晶が組み合わされた、完成度の高いモバイルPCです。

最軽量にするためには、バッテリーS(21Wh)を選択する必要があり、その場合、バッテリー駆動時間が約9.5時間と短くなります。そのため、バッテリー駆動時間が約2倍の19時間になる、バッテリーL(42Wh)を搭載したモデルの方がバランスがよく、おすすめです。バッテリーL搭載時でも、質量は約859g~と、十分軽量です。

軽量なPCはインターフェイスの種類が省かれて少なめな場合がありますが、dynabook Gは、USB Type-C以外にも、HDMI、LANポートも搭載しており、ポート類が充実しています。

2020年春モデルでは、第10世代Comet Lakeを搭載するようになり、6コアのCore i7-10710Uも選択できるようになりました。欲を言えば、LTEに対応していれば、なおよかったです。

ACアダプターの質量は192gと軽量です。定格7.5W以上のスマホ用USB-PD対応アダプタやモバイルバッテリーから充電ができるのは、嬉しいポイントです。

レビュー記事はこちら

 

NEC LAVIE Direct PM(Pro Mobile)
CPU 第8世代Core
メモリ 4GB ~ 16GB
ストレージ SATA / PCIe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 FHD IPS 光沢 タッチ
FHD IPS 非光沢
質量 約783g~
バッテリー 約13.3時間~
価格 11万円台(税別)~
LTE対応でバランスのいいモバイルノートPC

LAVIE Direct PMは、かなり完成度の高いモバイルノートPCです。

軽量さ、堅牢性に加えて、長いバッテリー駆動時間、LTE対応と、モバイルPCとしての重要な要素をすべて含んでいます。

最軽量構成では約783gと非常に軽量ですが、搭載するのはバッテリー(M)です。おすすめは、約54gしか差がないバッテリー(L)です。バッテリー(L)の選択時でも、質量は約837g~と軽量で、バッテリー駆動時間は約20時間と長くなり、モバイルPCとしてのバランスが格段に良くなります。

写真のようなnanoSIMスロットを備えています。スリープ復帰時や、再起動後のLTEの動作も良好です。

あえて弱点をあげるならば、キーボードにバックライトがついていません。場所を選ばず使えるモバイルPCですが、薄暗い場所ではキー入力がややしにくくなってしまいます。

また、付属のACアダプターでは充電時間が長くなるのも、やや気になる部分です(いくつかの条件を満たせば、急速充電も行うことができます)。

当サイトの計測で、ACアダプターは220gでした。

レビュー記事はこちら
富士通 LIFEBOOK WU3/D2(UH95)
CPU 第8世代Core
メモリ 4GB ~ 16GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 フルHD 広視野角 非光沢 タッチ
質量 約868g~
バッテリー 約9.3時間~
価格 14万円台(税別)~
世界最軽量の13.3型 2 in 1 PC

LIFEBOOK WU3/D2は、重くなりがちなコンバーチブル型PCにも関わらず、約868g~という軽量さを実現した、同サイズで世界最軽量の2 in 1 PCです。

アクティブペンも使用でき、4,096段階の筆圧検知機能のアクティブペンを内蔵しています。

非常に軽量ですが、SDカードリーダーやLANも搭載しており、ポート類が充実していることも特徴となっています。

また、ある程度の出力があれば、USB Type-Cポートを利用して、純正品以外の充電器による充電も可能でした。

液晶には、シャープのIGZOを搭載しており、色域も広めですが、非光沢フィルムが貼られているためか、ややギラつきを感じます。

また、どこにでも持ち運んで使用できるスタイルのPCではありますが、LTEには対応していません。

当サイトの計測で、ACアダプターは210gでした。

レビュー記事はこちら
ASUS ExpertBook B9
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 FHD IPS
質量 33Wh:870g
66Wh:995g
バッテリー 33Wh:約16時間
66Wh:約30時間
LTE 非対応
価格[税別] 12万円台~
870gしかない14型モバイルノートPC

ExpertBook B9は、非常に軽いモバイルノートPCです。

33Whのバッテリーを搭載したモデルは、870gと14型ノートとしては世界最軽量クラスです。

また、66Whの大容量バッテリーを搭載したモデルもあり、こちらはかなり長いバッテリー駆動が可能です。やや重くなりますが、それでも1kgを切っています。

タッチパッドがテンキーになる点も面白いです。

ただし、CPUクロックが低く抑えられており、ややパフォーマンスは抑えられています。また、LTEにも非対応です。

レビュー記事はこちら
VAIO SX12
CPU Core i7-10710U
Core i5-10210U
Core i3-10110U
Celeron 5205U
メモリ 4GB ~ 16GB
ストレージ SATA / PCIe SSD
液晶サイズ 12.5型
液晶種類 FHD 広視野角
質量 888~910g
バッテリー 最大約14.5時間
LTE 対応
価格[税別] 11万円台~
頻繁にPCを持ち運ぶ方におすすめ

VAIO SX12は、やや小型の12.5インチ液晶を搭載したモバイルノートです。

液晶が小さい分、ボディが小型で、さらに質量も非常に軽く、LTEにも対応しており、頻繁にノートPCを持ち運ぶような方におすすめです。

小型ボディでも、キーピッチは十分あり、現在主流の13インチクラスのノートPCと遜色ないキーボードの打ちやすさです。

第10世代Comet Lakeを搭載し、処理性能高いCore i7-10710Uも選択可能です。ただし、バッテリー駆動時間を重視するならCore i3か、Core i5ぐらいがいいでしょう。

さらに、VGAやLANポートなどを搭載し、多くのシーンで困ることが少ないです。

当サイトの計測で、ACアダプターは231gでした。

レビュー記事はこちら

 

デル Inspiron 13 7000 (7391)
CPU Core i7-10510U
Core i5-10210U
メモリ 8GB
ストレージ PCIe SSD
GPU CPU内蔵
GeForce MX250
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 FHD 広視野角 光沢
質量 955g~
バッテリー 45Wh
価格[税別] 8万円台~
ハイコスパの軽量ノートPC

価格が高くなってしまう傾向のある軽量ノートPCにおいて、コスパがとても高いモバイルノートPCです。

Core i5、8GBメモリ、256GB SSDという鉄板構成で、8万円なので、1kgを切る質量で同等スペックという条件であれば、最安ではないかと思います。また、上記の鉄板構成+外部グラフィックスとしてGeForce MX250を搭載したモデルでも、8万円台でした。

これまで、価格面がネックになって、軽量PCを躊躇していた方におすすめです。

インターフェイスの種類は標準的ですが、各1ポートのミニマム構成です。なお、USB Type-CポートはPowerDeliveryに対応しています。

当サイトの計測で、ACアダプターは319gと、やや重いです。自己責任でPD充電器を使用してもいいかもしれません。

レビュー記事はこちら

 

HP Elite Dragonfly
CPU 第8世代Core (U)
メモリ 最大16GB
ストレージ SATA / PCIe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 FHD IPS
FHD IPS Sure View
質量 999g~
バッテリー 最大約24.5時間
LTE 対応
価格[税別] 11万円台~
LTE対応の2 in 1 PC

軽量な2 in 1 PCでは珍しく、LTEにも対応した、完成度の高いビジネス用モバイルPCです。 38Whバッテリーを選択した最軽量時に約999gとなり、56Whの大容量バッテリーを選択すると、質量は約1.13kgとなります。

コンバーチブル型なので、変形することで、場所を選ばずに使用できます。

アクティブペンも使用でき、ワコムAESに対応していれば他社のペンも使用可能です。

CPUが第8世代Core(U)なのが、少し残念です。また、LTE搭載モデルは2020年3月以降に販売開始の予定となっています。

当サイトの計測で、ACアダプターは290gでした。

レビュー記事はこちら

 

関連ページ