SONY VAIO Duo 13の実機レビュー(2)

更新日:2013年7月31日
前へ 1 2  
  目次  

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

非常に静かな製品です。低負荷時はほぼ無音で、高い負荷をかけても、低い動作音です。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

CPU温度は、高い負荷をかけてもそれほど上がりませんでした。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。表面温度が高すぎると、作業時に手が不快になります。

キーボード面は常時低い温度です。背面は高い負荷をかけると本体上部および右側が熱くなります。タブレット形状で持って使うときは注意しましょう。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。

下記の3つの状態で計測した結果、消費電力は低めです。特にアイドル時の消費電力が非常に低いです。


外観のチェック

外観のチェックです。

パームレストにはアルミ合金を、底面にはカーボンファイバーを採用しています。



 

キーボードと液晶間のケーブルは、真ん中の部分にまとめられています。液晶を閉じるときに、ここに何かを挟まないように注意しましょう。

 

背面から見た画像です。


 

液晶を開くと、下図の金具の部分にひっかかるようになっています。


キーボードがスライドする液晶に触れないように、やや窪んだ位置にキーがあります。

タブレット形状にしたときの画像です。

 

底面です。

 

左側にWebカメラがあります。

NFCに対応しています。

 

本体の手前側にスピーカーがあります。また、ボリュームボタンおよびASSISTボタンもあります。

 

ACアダプターです。小さめのサイズです。USBポートがあり、USBケーブル経由で他の機器を充電することが可能です。

ACアダプターの詳細は次の通りです。OUTPUTは45W(10.5V、3.8A)となっています。またUSBに接続した機器へのOUTPUTは5W(5V、1A)となっています。

側面です。SDカード/メモリースティック共用スロット、HDMI、USB3.0、ヘッドホン端子などがあります。

 

液晶の角度です。これ以外の角度に調節することはできません。

 

今回レビューした製品カラーはブラックですが、他には次のようなカラーもあります。

まずはホワイトです。キーボード部分はシルバーになっています。指紋跡などが目立ちにくく清潔感があり、個人的には好きなカラーです。

 

Web直販サイト「ソニーストア」など限定で、レッドのカラーもあります。製品名はVAIO Duo 13 red editionとなります。

まとめ

以上が、VAIO Duo 13のレビューです。

大画面タッチ対応液晶にデジタイザペンが付属した稀な製品です。

イラストを描く場合にはもちろんですが、ノート代わりに使うPCとしても便利な製品です。広いキーピッチのキーボードで文字入力でき、ペンで図を描くこともできるため、学生の講義のノートや、社会人の打ち合わせ時のノート、セミナー受講時のノートとして適した製品だと思います。

また、バッテリー駆動時間がスペック表では18~18.5時間と非常に長いため、イラストを描かない方でも、普通のモバイルノートとして魅力のある製品だと思います。

ただ、キー入力時に手がパームレストからはみ出てしまうのが気になります。そんなに打ちにくくなるわけではありませんが、普通のノートパソコンよりはやや打ちづらさを感じます。タッチパッドも同様に、操作しづらいとは言いませんが、普通のノートパソコンよりはやや操作しにくいです。

また、ピュアタブレットとしては、サイズが大きく重量もあるため、持って使うことはあまり想定しないほうが良いでしょう。

詳細はこちら
安心のメーカー直販サイト:ソニーストア(VAIO Duo 13) icon